HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

通販リスト更新
2020/11/24

いつもギリギリで申し訳ありません。
明日 十一月二十五日(水)に通販リスト更新致します。
よろしくお願い致します。

クルマの事
2020/11/23

シルビアS15は、修理から帰って来て3日間は好調だったものの、ここの所、走るとキュッ!キュッ!っと音がしてくる、サスの問題であろうと思うのだが、また修理となると出費も馬鹿にならない。

おまけに、現在ボルボの冷却水が一晩で減ってしまう事態となり、これまた修理となった。
今年の夏はエアコンが壊れた、それを見た税理士さんが「売ってしまえ、国産の中古の方が今後ずっと得である」とアドバイスをくれたのだが、なんとなく手放せなくてコンプレッサーを取り換えた。
そうしたら今度は水がヒートコアから漏っていたらしい。
ヒートコアの交換にはエバポレーターもセットで交換するのが良しとされていて、それをやると両方で部品代が15万円もすると、おまけにダッシュボードを外しての作業となるので工賃も10万は掛かると。
ボルボは、修理もボルボ自社でないと分からないとか、汎用の部品ではダメだとか、また部品代が恐ろしく高く下手するとベンツよりも高いくらいだ。
外車の欠点をみんな持っているような会社でもある。ボルボは良い車なので、5年くらいで買い替える人なら進めるが、私のように10年以上も乗っていると碌な事は無い。

スエーデンという国民性は清潔という事もあるがもう一つケチという点もある、それがこう言う所に出ていていつまでもお金をふんだくろうとする。今年もボルボに一体いくら支払ったのか?
よく考えて見ると、ボルボは出来の悪いスナックのママさんに引っ掛かったような感じなのだ、ちょい悪いママさんて、いや気持ちがいいなあ、ってどこがだ。

そういえば、昔の知合いの修理屋が同じ年式のボルボに乗っていたので、久しぶりに電話で相談したら、一度故障した時にこれは意味がないと、さっと売ってしまったという話であった。
プロは見極めが早い、私は、悪い女にいつまでも付きまとわれているような感じだな。

ウーバーイーツ
2020/11/22

最近、道路を走っていると、突然駐車中の車の陰からウーバーイーツの自転車が逆走してきて、目の前に現れニッチもサッチも行かなくなることがある。
また、信号無視して突っ込んで来て事故になりそうな事もあった。
本当に腹立たしい。

ニュースによると、事故が起きても会社側は単なる紹介者なので、責任を負う事はない、という事である。
むしろ依頼者が使用者として責任を追及される可能性すらあるらしい。
これは大問題。

更に、今後タクシー業界にも進出する。
アメリカなどでは、配車システムが便利で従来のタクシーが消滅し、業界が一変してしまった所もあるようだ。

日本でもウーバーの業務責任としては紹介者という立場だけに留まるというスタンスであって、法的な責任は取る気も無いという、となると利用者はとんでも無い責任を負う事にもなりかねない。
恐るべしウーバー・グループ。

便利は恐ろしい、しっぺ返しを孕んでいる。

良い夫婦
2020/11/21

明日、11月22日は「良い夫婦」の日だそうだ。
それで家内が以前から、冬物も欲しいので是非行きたいと言っていた、我が家から比較的近い距離にある八王子市の「南大沢、アウトレットパーク」に連れて来た。

そして、広いショッピングモールの建物の中で、あっちこっちの店をのぞいて歩く。
数軒で買い物をした時家内が「もう疲れた歩けない」と言い出す。

食事もしたいが、レストランの数が少なく食べたいものが無い。
年を取った我々には、広い施設を歩くことだけでも足が疲れてどうしようもない。南大沢のモールは、首都圏に近い木更津や御殿場・佐野などに比較すればそれほど広い訳では無い、しかし、体力的に限界であった。

帰りがけに家内がデパートでさえ疲れてしまうのに、こんな体力勝負のショッピングは無理だった、と反省の弁が出るような惨憺たる買物ツアーであった。

良い夫婦がフーフーであった。


酒か音楽か
2020/11/20

友人が来てお茶に行く。
そこでなんの話か、酒に溺れる人の気持ちが分からないというから、まあ人それぞれ悩みがつきないからね。
という話をしていて、ふと酒の代わりに音楽があって良かったね、という結論に落ち着いた。

酒もある意味では心の癒しでもある、だが、音楽好きには音楽という癒しがある。
酒でも散り除くことが出来ない人生の辛さは、音楽の方が良い場合もある、音楽があって良かった。

東京都のコロナ感染者
2020/11/19

東京都のコロナ感染者が何と、過去最高人数に達したと。

そう言えば、コロナの抗ウイルス薬治療薬として厚労省でただ一つ承認されたレムデシビルはWHOの発表で効果が無いとされた。
しかし、加藤勝信官房長官は承認見直しはしない、と発表。
なんだかなあ?


さらに今回の爆発的感染はGO TOキャンペーンの影響であることはまちがいない。
こういう愚にも付かないキャンペーンは止めるべきである。
多くの医学関係者が、GOTOキャンペーンは時期尚早と訴えていた。こうなる事を予告していたのは耳に新しい。
今回の事態に加藤官房長官は継続すると言明。
まあ言って見れば、日本は二階氏の言うがままの状態にあって、それについてどうにもならない所まで来てしまった。
JTBだけウハウハ。
ひどい話だな。

こういう時に言うんじゃない、日本死ね!って。

シルビア S15
2020/11/17

中古車の醍醐味、どこまで愛情を持続して故障に付き合えるか?
ハイ。やりますよ私は。
古い物がすきだから。

という訳で、次々と難題が降りかかるシルビア。
修理から帰って来た。
見ると、姿も変わっている。
写真のように水色の線が2本。

なんだか、出来の悪い中古車とも思えない、スポーティーかつアンティックな雰囲気。
電話で線を入れるなら紺色にしてと言ったら、修理屋さんが薄い色の方がアンティック感が出るから任せてくれ、人間もレトロなんだから、ちょうど良いよと口が悪いが、妙に納得。
出来上がったら、なるほどというレトロ感が出た。

というわけで、ジジイは又付き合う事になった。

三関セリ
2020/11/16

きりたんぽ鍋に欠かせない野菜、芹(セリ)。
そのセリなのだが、最近食べた「三関セリ」が美味しかった。
味わい深く、しっかり香りも味も強い、根っこも長めで、鍋に合いそう。
セリが好きに人にはオススメである。

秋田県の湯沢の伝統野菜だという。
といってもあまり売っている所を見たことがない。

これからキリタンポの美味しい季節になった、私もまた食べたいものである。

通販リスト更新
2020/11/16

通販リスト更新しました。

火事
2020/11/15

昨日の夕方の事である。
近所の仲良しの和食屋の大将がコーヒーを持ってウチに来て、暇に任せて色々な話で盛り上がる。
しばらくたった頃、大将に電話。ビルの大家さんからで「店が燃えていて消防自動車がいっぱい来ているぞ!」。
真っ青になって走る、私も負けじと後を追う。

現場に近づくと確かに煙が漂っているが、火は見えない。
店内に駆け込むと、消防士一人と警察一人、「どうした?」と聞くと「大したことはありませんよ」。
マグロの角煮を作ろうと醤油・みりん等を入れ鍋を掛けたまま忘れていたらしい。
店内に煙が充満してきたので探知機が作動、警備会社に通報が行き、駆け付けた警備員が鍵を開け中に入ると煙が充満していたので119番に通報、大家さんにも通報という流れだったらしい。
本人もショックの色を隠せない。
でも火事にならなくてよかった。

それにしても駆け付けた消防自動車は13台、救急車1台、パトカー1台。
そのため小滝橋道路は大渋滞。
鍋の空焚きで13台は多すぎる。
それって出動手当がもらえるからでしょ?
最近火事が少ないから。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001