HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

メリークリスマス
2022/01/26

昨年、知り合いから届いたクリスマス・カードをぼんやり見ていて、ふと気が付いた。
メリー・クリスマスと書かれていない。

それからしばらく経って。
常連さんが来られて、今読んでいる本が面白いとパラパラと捲って見せてくれた本が「ポリコレの正体」。
パリコレかと思ったがそうではない。
その中に、アメリカではメリー・クリスマスと言えなくなっているという。

それで、ニューヨークの友人に問い合わせてみた。
そうしたら、「それは大分前からですよ、1990年ころから始まっていて、年末の挨拶はMerry Christmas から Happy Holiday に変わっています。宗教上の違いがあるのにキリスト教の習慣だけで使用するのは一方的だと思われているからではないでしょうか。」という事であった。
キリスト教信者が少数の日本では、無宗教の人たちがメリー・クリスマスで浮かれていたのに、クリスマスの習慣も止めないと行けなくなりそうだなあ。
じゃ、「あけましておめでとう」の挨拶もなしになったり「お盆の習慣」のなくなるのかなあ。

通販リスト更新
2022/01/25

本日1月25日。ホームページの通販リストを更新いたしました。

よろしくお願い致します。

草食
2022/01/23

なんのテレビで見たのか忘れた。
だけれども、だれかが出演者に向かって「なぜ日本の男は草食系ばかりになったのか?」という質問があった。

食生活から言えば、肉ばかり食べていたら碌なことにならないので、野菜中心で良いのだが、精神性となるとちょっと困る。
しかし、男らしいとか女らしいとか性区別を強調してはいけないと言っているのがNHKなんだよね。
だから女は強くなって、男の子が弱くなればそれで満足じゃないのかね?

これも、日本弱体化政策を推し進めてきたアメリカ進駐軍の成功と見ても良いんじゃないのかね。
日本人の男の子が弱いのは今に始まった事ではない。
ヨーロッパなど外国でも日本の男の子はカツアゲの格好の餌食になるらしい。何しろ身を守って戦う事をしないそうだ。
という人間なんで他人を助ける事もしないらしい。

ここのところ、電車内でおかしなヤツが刃物を振り回していると、良い体格の男が逃げ回っているのが画面に写しだされている。
もちろん、だれも立ち向かうヤツはいない。
テレビでも言っている「逃げて下さい」。
どこまで逃げればいいのかな?
じゃ、強くなった肉食の女が立ち向かうべきだな。
都合の良い時だけ肉食になって、困ると草食になるような女ではイカンな。

こんな国ってないよ。
日本だけ。

オミクロン
2022/01/22

今回のオミクロン株の感染者数の多い事。
しかし、これほど悔しい事もない。
なぜなら、これらの流行は、ほとんどが在日米軍基地からの感染なのである。

最初、テレビのニュース等で広島県にやけに感染者の多い事に目が行った。しかし、理由は明らかにされなかった。
やがて、それは米軍基地からの感染だと分かったが、時、既に遅し。

ニュースによると、先日の国会で外務大臣が、在日米軍基地内において感染者数が6千人以上もいると発表した。しかも、内4千人は在沖縄の基地だと。
岩国などクリスマスを迎え家族など続々と来ていたと、しかも、軍関係者は無審査で入国する。
進駐軍から占領されたまま、今に至る日本は、何も言えない。
今後も、基地を通して感染者は入り込んでくることであろう。
昨年までのコロナは中国中心で、今回はアメリカ中心で、日本は往復ビンタを常にくらっているような状況なんだわ。

僕たちは可哀想!

HANK MOBLEY “PECKIN’ TIME"
2022/01/21

HANK MOBLEY “PECKIN'TIME” BLUE NOTE 1574 (USA)

かつて、私もブルーノート・レコードの原盤を探し始めていた1975年頃でも、大変なレア盤であった。
この作品が録音されたのは1958年。考えてみれば作られた当時からまだ20年も経っていないのである。
それでも入手困難とは一体どれほど球数の少なさであったのであろうか。
コレクターは皆一生懸命に探していたんだ。
その後、レコード屋になってアメリカに行ったとき、現地のレコード屋に「そもそもブルーノートのレコードなど売った事もなければ、見たことも無いのだ」と言われて成程と納得したのである。

それで、このペッキン・タイム。
ハンク・モブレイとリー・モーガンのコンビによるクインテット。
二人はハードバップの申し子、聴けば50年代のジャズの煌びやかでマッシブな音楽が響き渡る。
しかも、ちょっと暗さを含んだサウンドでもある。
裏のアイラ・ギトラーのライナーにペッキン・タイムは バップの40年代後半を思い出させると書かれている。
Be-Bopの歴史を忘れない好演奏である。

ジャケットを見れば、写真は真っ赤なレコード・バックである。
ちょっと汚れが付いていて、持ち主が使い込んでいてさぞレコードを聴いて来たであろうことが想像できる。
レコード好きからのリスナーへのプレゼントとでも言おうか。
カバンの上に斜めに「Master Record. Handle with care」と二段書きにされて、大事に扱えと忠告している。
本当に、大切に扱ってほしい原盤なのである。
なぜならモブレイのレコードは何かが違うのである。

昔は、私もリー・モーガンの風情のあるトランペットが聴けるSpeak Lowなど、よく聴いた。

国旗
2022/01/20

正月に、日の丸を立てても良いかと家内に訊くと、「近所から何と言われるか分かりません、勘弁してください」という事であった。
日の丸の旗を立てれば右翼と思われる。
はたまた暴力団か暴走族か。

日の丸、君が代、触らぬ神に祟りなし。

普通に挙げられる日は来るのか?
アメリカが羨ましい。

血糖値
2022/01/19

血糖値 われは200よ ホーホケキョ

come come everybody
2022/01/18

NHKの朝の連ドラ come come everybody が結構な人気らしい。
家内も早く起きて楽しそうに見ている。家内が気に入っているのは有村架純がやっていた「ひよっこ」以来かもしれない。

昨日歯医者に行ったら先生が、朝の連ドラでやっているあの曲が気に入ったという。on the sunny side of the street のことである。
ルイ・アームストロング、って実在の人物なの?って聞かれた。
嬉しくなってしまった。

先生は子供の頃から一心に勉強していて、大人になっても勉強して歯医者になって、先生になってもずーっと勉強ばかりしてきた。
そんな先生がSunny sideの曲を気に入ったとはなんと素敵な事であろうか。

ああいうのをジャズって言うのって訊かれて、なんだかとても嬉しい。





昨日の続きで食生活の事
2022/01/17

つくづく思うに、年配者が食するもので、今の日本で美味ともてはやされたり、テレビのバラエティ番組で、芸能人がちょっと口に入れて「美味しい!」等と叫んだりしているものは、ほとんど食べない方が良いと考えた方がよろしい。

私が、癌になった時は牛肉などを食べてばかりいた。
それが癌と診断され、病院で今後の食事にと推奨メニュ−表を渡され、家内と一緒に眺めていたのだが、基本 私が普段食べたくない物ばかりであった。
それだけに今まで如何に体に悪い物を食べて来たのかと反省した。
何しろ、牛肉のメニューは一つも見当たらず、勿論豚肉もしかり、鶏肉などはようやく胸肉やささみがちょっとだけ食べられる程度であった。

糖尿病の一歩手前に入った時に再度、メニューを調べてみると、癌の時より更に厳しい食事制限が課せられるのである。
果物など例に挙げれば、りんごは一日半分だけ、いかに果物が悪いかという証拠でもある。最も体に良いとされるりんごが半分とは一体どういう事かと暗澹たる気持ちになるのである。

仲良しが教えてくれた。朝食は まず皮を取り除いた鶏の胸肉を50グラム。これでタンパク質は取れるという事である。
そのまま現在実践している。脂肪をへらしタンパク質は摂っていながら体重が減って来た証拠でもある。

癌や糖尿になってはいけない。
もちろん体質はあるのでその方々の事をとやかく言うのではない。
年齢が来ても、だらしなく食生活を続けていることが悪いのである。

血糖値の事
2022/01/16

血糖値が200となって糖尿病の予備軍から一歩仲間入り。
さて、これはイカンと努力の日々の結果、先日の検査の結果、104に下がった。
私のやってきた事は、30分から1時間の散歩、脂肪分もちょっとだけ減らした腹八分の食事、甘い物を止める、家事など身体を動かすこと。
それだけである。
ほっと安心。

良く調べてみると、我ながらさまざまな問題が指摘されるのである。
私は甘党なので朝食もメイプルシロップをたっぷり掛けたパンケーキ、フレンチトーストにベーコン等と多めのフルーツを食べる事が多かった。
昼食の後はどうしても甘いものが食べたくなりコンビニの饅頭や、近くのドーナツ屋に行ったりして、甘いものを食べる。
夜は夜で、食事の後にデザートを探すことが多かった。
癌になり、このような食事のあり方は、禁じられていたにも関わらず、どうしても止められなかった。特にフルーツは食べたくて困った。

ところで、甘い物と言っても砂糖と果物の果糖は吸収の時間が相当違う事がわかった。果物は単糖類と言い、果物・ハチミツに多く含まれる、サトウキビから取れる物は二糖類と呼ばれ、デンプンなどは多糖類に入る。
病院の先生に言われたハチミツはすこしでも食べると直ぐに血糖値が上がるよと言われた通りだったのである。

果物の甘いものは吸収が早く、運動など消化する暇もなく吸収されてしまい非常に体に悪い。
しかも最近は果物がどんどん甘くなっているので、これから糖尿病患者が増加するに違いない。
農家に言いたい、これ以上果物を甘くするなと。
人殺しの果物を世に送り出しているような物である。

食事は腹八分目とはよく言ったものである、
それに散歩、家事、運動はしっかりした方が良い。
家事だけでも大変な血糖値を下げる事につながる。

私の従弟のヒーラーが言っている「糖尿病患者は治してくれと言われても素直にそうしたいと思わない」という。本来の患者以外には、多くは己が作り出している病気でもある。

アメリカ帰りの先生は言っていた「外人の奥さんと結婚した日本人男性の多くが糖尿で亡くなる事が多い、これはインシュリンの量も異なり日本人は極めて分泌が少ないせいである」と。
日本人は気を付けないと。

それに、身体は使わないといけないんだなあ。
昔から言われている、酒飲みよりも、甘党はもっと始末に負えない。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001