HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

ニュース
2020/02/28

朝早くが目が覚めたのでテレビをつけたら、ちょうど中国発のニュースをやっていた。
それによると、中国政府は深刻な状況に陥っている韓国・日本からの人の流入を止めると。
また今回のコロナウイルスの出所は中国だけでなく、他国に原因があることも考えている、と。
更に、友好国である韓国と日本の現状を鑑み、大量の検査機などを援助する事にした、と。
要は、実際は自国より日本や韓国の方が深刻であると、ゆえに、我々の助けを必要としていると言うことらしい。

なるほどな。
今日は、日本国内のすべてのニュースの、安部総理が言った休校が気に入らないらしく、休校は不適切だと言いたげな報道が朝から流されているだけである。
中には、子供が休んで家にいるのでお昼を作るのも迷惑だという意見まで披露されて、我が国においては、それほど子供たちが迷惑な存在だったのかと驚いた。

しかし、外交でははるかに中国が上を行っている。
きっとマスクも日本に呉れると言うかも知れない。
政府の発表も自信満々でずばっとしたことを言う。
それに比較し、日本は後手後手で国会などもどうでも良い事でグダグダしていて、おまけにウイルスの外国からの侵入を止める手立てもない。

マスク
2020/02/27

息子の家でマスクがなくて困っているという。
ならばと、私の故郷の長野の田舎の姉に電話して、なんとか残っていないかと尋ねた。
すると気持ちよく薬局に行ってくれ、マスクを求めたところ、4枚入りのが一つだけしかないと。
すでにほぼ完売状態だという。

それで、フランスにいる姉にも電話をし、パリにはまだ残っていないかと尋ねた。
これも気持ちよく探しに行ってくれたのだが、今日から政府がマスク着用を薦めた発表があったようで、入手困難だと申し訳なさそうに言われた。元々フランスではマスクの習慣がなく、薬局などにマスクなど売っていない。

ネットを見ると、1万、2万と凄まじい金額で売られている。
なんという恥知らずな。

通販リスト更新
2020/02/25

通販リスト更新しました

コロナ・ウイルス
2020/02/22

正直、いかがわしさしか感じさせない厚労省の対応や情報の出し方である。
というよりも、感染症に対する日本の実力、要は厚生省の実力がこんな程度のものであった事が、私は非常にショックである。
世界的に日本の医学は進んでいたかと思っていたのだが、それが勘違いであった事がよく分かった今回のパンデミックである。

マスクも中国に早々をプレゼントしてしまい、国内に残っていなかった。
中国からの入国も相変わらず垂れ流し。
まるで中国の植民地のような様相に驚いた。
厚生省も実に無力であったし、政府の無能さに驚いた。
首相も今回はまだこの件について国民に対してお話をされていないのが解せない。
まさか、ここまで国民を守ろうとする意識の無さだと思わなかった。

マスクに関しても、最初の情報はマスクをしようと言っていたのが、マスクの使用は意味が無いと言い出したり、またやっぱり意味があるとなったり、支離滅裂。
閉じ込めたクルーズ船から次々乗客いや船員も感染した事。

こういう時は、むやみの外出、不急不要な外出をしない事。
人ごみに行かない事。
と言っても、朝晩の通勤など、どうしようもない。
どうしたものか?

もう、春がそこに
2020/02/20

久しぶりに庭に出たら、福寿草が咲いていた。
春が近い。

昨年も一昨年もこうやって福寿草の咲くのを見たけれど、私を取り巻く状況は毎年毎年変わっている。
個人的な事であったり、今年のような新型ウイルスの社会的不安であったり。
それでも 春は来る。

それぞれの人が生きていく。

地元のイオンシネマで...
2020/02/18

地元といっても、少々距離はあって区も隣なんだが、しばらく前まで同じ区であったので、印象的には地元という感じ。
その港北区にある、イオンシネマ港北に貼紙がでたと。
内容は、「ある日の映画を鑑賞された方々にお伝えしたい事がある」と。

それが、コロナウイルス騒ぎと丁度一致する時期だっただけに、地元ではちょっと大騒ぎ。
ある人は、コロナの感染者を特定するための手段。
また、ある人は「重大な忘れ物があったため」などと色々な話が飛び交う。
地元でコロナが出たか出ないかは、生活に影響のある大きな問題。

しかし、今は、忘れ物説が有力である。

マスク
2020/02/17

2・3日前の事、近くの大きな薬局にいたら、ちょうど店員さんが台車に大きなダンボール箱を4つ載せて運んできた。
それはマスクであった。
売れ場の棚に、店員さんが箱を開け、ティッシュくらいの大きさの箱に入れられたマスクを並べ始めた瞬間に、近くにいた中国人が集まりだして、みるみる人だかり。
一人二箱と繰り返し言っている店員から、奪うようにマスクが棚から消えた。
一瞬の出来事であった。

帰って家内にその話をしたら、「なぜあなたは買って来なかったのか」と怒られたのだが、その時は、迫力に負けてとてもその中に入って行くことが出来なかった。
私は温厚だからね。

通販リスト更新
2020/02/16

通販リスト更新しました。

疫病船
2020/02/15

横浜に停泊させられ、その船内に押し込められたまま、コロナウイルスに徐々に汚染されて行くのを、眺めている。
考えて見ると恐ろしい光景である。

その恐ろしい行為を行っているのが日本。
私には分からないが、その停船命令は一体だれが出しているのだろう?悪魔のような人なんだろうね。
3,000人以上の船内感染は、私の知識では追い付かないが、ひょっとすると世界初かも知れない。
これだけ大人数の人々が、監禁され、その中で健康だった人も感染して行く。
テレビを見ていたら、菅官房長官が3,000人の検査は無理だと答弁していた。
感染を防ぎたいのなら、オープンで広い場所で空気の良い所に移すべきなのだ。
で一層のこと暖かい海のそばにでも自衛隊に設営してもらったらいいのに。
検査キットも大して準備する気もないような厚労省。
それなのに、ずっと刑務所化した船内に人を閉じ込めている日本。

疫病船といって歴史的に船内感染は恐れられていたことなんだ。
それを今日本が繰り返そうとして、それを誰も止められない。
こんな国ってあるんだ。

テレビでも厚労大臣が金銭の援助、協力、指導を惜しまないと言っていた。
きっと彼には、こんな事態でもお金の話としか映らないいんだね。

安倍首相、今こそあなたの出番じゃないですか?




因みにインフルエンザはどうなった
2020/02/14

コロナウイルス騒ぎが起きて、あれほど騒いでいたインフルエンザが一体どうなったか?
病院で聞いて来た、そうしたら最近はほとんど患者がいないそうだ。
まさかと思い、知り合いが病院に行くと言うので、聞いてもらったら、やっぱり減ったらしい。

なんでも先生の言う事によると、コロナウイルスの恐怖で手洗い、マスク、マナーなど注意するようになったことだと言う。
ならば、普段から清潔にせんかい!

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001