HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

GEORGE RUSSELL “EZZ-THETICS”
2020/05/13

GEORGE RUSSELL “EZZ-THETICS” RIVERSIDE RLP375 (USA)

久々に入荷したので、当店のデータを調べてみたら、なんと モノ盤でオリジナルの美品は一度しか売っていなかった。ステレオ盤やカット盤、それにオランダ盤を売っていた事になる。モノ盤の美品は珍しいのだな。
開店当時は私の個人コレクションを売ったのでが、それが当店の歴史の中においても、これまでで最も綺麗なものだったとは。
こんな事もあるものだ。

これは1961年5の録音である。
Eric Dolphyの参加がこのアルバムの価値をぐっと押し上げた事は言うまでもない。
冒頭のEZZ-THETICS からB面の最後のROUND MIDNIGHTまで息をつかせぬ緊張感ある演奏が繰り広げられる。スティーヴ・スワローが昔の名前Stephen Swallowとなっているのも嬉しい。

ドルフィーや、何やらの演奏を絶賛する言葉は、多くの冊子やリスナーのブログにゴマンと書かれているので今更、私は遠慮する。
ところで、タイトルのEZZ-THETICSとはどういう意味かというと、これはエザード・チャールズ(Ezzard Charles)という戦後のアメリカのヘビー級チャンピョンのボクサーから取ったもので、ラッセルの造語である。
EZZ主義、とかEZZ一番とでも言うようなところであろうか。
どうもシンシナティ出身の黒人ボクサーであったらしいのだが、ラッセルもまたシンシナティ出身で肩入れがあったようである。
しかもラッセルは父親が白人だが母親は黒人であったので、かなり苦労をしたらしい。
そんなところから格別な思いがあったかもしれない。
私など、ラッセルがずっと白人だと思い込んでいて、黒人好きな白人で変わり者だと思っていたのだが、そんな簡単な事では無かった。

ラッセルは64年から数年間、スエーデンから招待され、ジャズ音楽のための指導者として招かれた。
またその後、或いは同時にノルウェーでも音楽の指導者として望まれ、多大な成果を収めることになる。
そこでその後有名になる若いミュージシャン、サックスのJan Garbarek、ギタリストのTerje RypdalやドラマーのJon Christensenなどを育たったのである。
それが、現在における世界のジャズの中心地となってしまったスカンディナビア、そのジャズの原点とも言える火付け役になったのである。
思えば、なんという遠大な計画を実行したのであろうか。

彼の音楽理論・Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization。まさに単語を並べて長くて面倒だ。
Flying-Dutchmanのアルバム、Electronic Sonata for Souls Loved by Nature、これも長い。
きっと詩人だったのだろう。言葉を長くする詩人とは珍しいが......
それより何より、彼がアメリカの黒人音楽としてノルウエーに紹介したジャズメンWebster Lewis による71年のライブ・アルバムがあるのだが、これがまた長い。ジュゲムジュゲムのような...
「Webster Lewis And The Post-Pop Space-Rock Be-Bop Gospel Tabernacle Chorus And Orchestra」
というタイトルの長さもまた、ラッセルの影響であろうか。
と思うと私は愉快でならない。
ラッセルさんは凄かった。

(写真の色が蛍光灯の光が入り込んで、とても青くなってしまった。本来はバックは黒い色である、残念)

急に夏になる
2020/05/13

一昨日から、日中の温度が急に30度になった。
それで、外出の時に被る帽子を探したら、見つからない。

よく考えてみたら....
そう言えば、去年の夏の終わりに、この帽子も汗でダメになったりしたら捨てようという事になり、処分してしまったのだった。
夏が来る前に、銀座のトラヤに帽子を買いに行こうと決めていたんだった。

と腰を上げようとしたのだが、トラヤもコロナ感染防止で休業中。
個々の所、暑くなるので着る物やら、靴下、下着、靴、それから気に入ったボールペン、なども全く手に入らない。
ちょっとイラっとした。

まるで戦争中のような状況になっていたんだな。
戦時中は、これがお金も無くて、5年も続いていたのだ。
更に、思想統制もあって、命も強制で差し出していた。
しかし、昔の人たちはよく我慢したんだね。

我々は我慢が足らないなあ。

レコード・ジャケット用 額
2020/05/12

LPレコード・ジャケットを飾る額。

ユニオンで販売されていたもの
サイズ 316mm X 316mm
ガラス付き
色 白木
当時の定価は1,833円(税別)
未使用のもの

さらに、額に飾るための「マット」を別注で額屋に頼んで作ったもの。
マットは取り外し可能。

今回の価格
  1個 ¥1,500円(税込み)



複数の注文可能!
送料別途かかります。
(例 ヤマトで、南東北から中部まで 979円)



(まだ、一つくらい残っています)
 

今日は久しぶりに
2020/05/11

今日の夕方は久しぶりに歌舞伎町の入口を歩いた。
以前の賑わいは無い。
しかし、入り口付近にハードルを2つ、3つ置き、「こちら新宿区役所です、緊急措置で外出を自粛していただいております」とマイクで叫んでいる。
さすがに緊張感がみなぎっている。

人の集中する歌舞伎町ならではの状況であった。
まだまだ先は長いと思わせる。
ちょっと怖かった。

コロナ騒動で
2020/05/10

コロナ騒動の中、一番儲かった会社や人など、いったい誰だろう?
まず、ほとんどの企業や個人は儲かる人などいないかもしれないと考えていて、それでも一部の製薬会社なども良かったかもしれないし、マスクの製造に乗り出し人気急上昇のシャープなども少し儲かってくれれば良いなあと思ってしまうのだが、大した事は無さそうだ。

個人で言えばテレビの解説に出ている岡田晴恵さんかもしれない。
毎日見るもんね。
キツイ感じではないのだが正論ってのが良いよね。
見るのが楽しみだ。


創立20周年
2020/05/09

コロナ感染騒動で忘れていたのだが、ふと気が付いた。
わがショップは創立して満20年たった。

ちょうど20年前の4月30日から20年。
その日が来たらパーティーをしようか、どうしようかと考えていたものだが、一切忘れていた。
しかし、こんな先の事も不安な感染症の恐怖の中で創立記念を迎えていたとは。

なんとも、いやはや。

NATHAN DAVIS “THE HIP WALK”
2020/05/08

NATHAN DAVIS “THE HIP WALK” SABA 15063 (GERMANY)

SABA=MPS、の良い頃の作品。
録音した1965年は彼の油の乗っていた年でもある。
何しろ、1月31日Happy Girl(SABA)、5月7日はフランスに戻り(Peace Treaty) を録音、その後9月1日にドイツで 当The Hip Walk(SABA)と傑作ばかり 三レンチャン。

どれもそれほどメンツが違うわけでは無いが、トランペットがWOODY SHAWかどうかでちょっと雰囲気は異なってくる。或いは、ドイツのヨアヒム・ベーレントの好みが影響するのか?
当時、私がネイサンの音楽に接したのは、フランス盤のPeace Treatyであって、その黒いサウンドに度肝を抜かれてしまったのであるが、その後で MPS(SABA)系を聴いたわけである。
フランスからは、やや雰囲気は大人しくなるが品と上手さ格上である。
作品全体をうまく作ってある気持ち良く聴ける傑作である。

当時、我が国の雑誌などにもネイサンの紹介は一切なくほぼ無名であった。
噂があって、戦争でヨーロッパに渡り、そのままジャズをやる為に残ったと言われていたのだが、その後徐々に明るみになった事は、1937年生まれなので、第二次大戦の終戦後に兵役でヨーロッパに渡り、そのまま居残ったものであり、なんとERIC DOLPHYの最後の方には共演もしている。
ジャズメンとして幸せであったに違いない。

その後、ヨーロッパで傑作をいくつも残し、結局本国アメリカに戻る。
戻ったあとは、インテリだったので幾つか大学で教えたり、ジャズの布教に努めたりしていた。
その後はParis reunion bandを結成し、品のある良いジャズの演奏をいくつか残していて聴いて欲しい作品ばかりである。

この人の面白い事は、リスナーの趣味により好みが全く違う所である。私のようなジャズ・ファンは上記のような3枚に同じレーベルでのSOUL EYESなどであるが、ブラック系のマニアになるとIFなどになるのが面白い。
まあ「蓼食う虫も好き好き」というところか。

そうそう、もう一つ、この頃のドイツのジャケットの造りの事。印刷の文字の所がへこんでいる趣のある印刷で、触った瞬間、所有欲がそそられるのだ。
という事で、長くなってしまうのでこの辺りで。
では、また。

BENNY BAILEY ”SOUL EYES”
2020/05/07

BENNY BAILEY ”SOUL EYES” SABA 15158 (GERMANY)

聴いていて本当に良いジャズのレコードだと思う。
メンバーが良い。
Benny Bailey(tp) Nathan Davis(ts) Mal Waldron(p) Jimmy Woode(b) Makaya Ntshoko(ds)それにコンガのCharly Campbell.。

私はこのアルバムの話をする時に、よく欧州と米国の混ざった力作などと言っているのだが、見れば全員黒人のメンツであり、Benny Bailey はアメリカで活躍していたのをヨーロッパに移した、Natha Davisも60年代にヨーロッパに移った、Mal Waldronもまた65年くらいからヨーロッパに移った、おまけにJimmy Woodeなどエリントン楽団にいたのだが、やっぱり60年頃ヨーロッパに移った。
Makaya Ntshoko(マカヤ ンチョコ)は南アフリカ出身でダラー・ブランドと演っていたが、60年すぎてヨーロッパに活躍の場を移した、と言う事は全員移住者たちによる、成功者ならばコンキスタドールとも言えるメンバーである。
それがヨーロッパの観客を相手にして来て、その好みの雰囲気を掴んだ結果のジャズとも言える。ジャズがアメリカから徐々にヨーロッパの趣向が反映してきた頃の音楽で、しかも、アメリカが踏みとどまっている音楽とでもしたい。ヨーロッパとアメリカの混ざった力作というところである。

1968年1月、正月気分の明けやらぬ11日ミュンヘンのドミシールにてのライブの模様なのである。
司会者のメンバー紹介も、熱気を孕んでいる演奏を期待させるに十分である。
不思議な事に、良い演奏のライブ・アルバムはなぜか司会からイケている感じがするなあ。
とにかく皆それぞれに個性が出ていて、それが一つの音になって流れ出てくると、黒い音楽のエネルギーになって溢れ出ている。

ベイリーのピーいと上がる音色もベイリーここにありという感じで実に痛快である。
マルのちょっと暗そうなノリ、いや深い音色と言うべきか、いかにも黒人ジャズこそ彼の仕事という感じで、これもまた良い味。
ネイサンのサックスもそうだがフルートを吹いたってそうだ、ジャズはこれだと言わんばかりの、西海岸ジャズとは全く異質のノリがある。いや全員そうなのだ。
チャーリーキャンベルのコンガも又彼がいなければこうはならなかった。

良いジャズを65年に聴けた人達は羨ましい。
何とも言えないジャズのテイストが聴ける、稀に見る良いアルバムである。

昔のドラマ
2020/05/05

休みも多いので、ここの所CSなどで昔のドラマも見るでし、テレビの懐かしのドラマも見る。
まず「JIN 仁」、2011年のタイムスリップの江戸時代と現代のドラマなんだけど、綾瀬はるかの可愛い事。
結局綾瀬はるか見たさに、全部見てしまったんだ。
と言っても録画して見た。そうでもしないとコマーシャルが、ドラマの時間とほぼ同じくらいの長さだから早送りしないとどうにもならない。
坂本竜馬だのグラバーだのちょっと話が長すぎて疲れた感はある、しかし、皇女和宮の脚気の話など、歴史上の医学の小さな話題も出て来てなかなか面白い。
そう言えば、真面目な話、増上寺にあった皇女和宮の墓を発掘した話があって、身長148センチ、出っ歯で左手が無かったという話がある。
以前、箱根の温泉に行ったとき、和宮が留まったという温泉で、和宮が脚気で湯治に来ていたという話やら夫婦仲の良かった話を聞いて、なんだか好きになってしまって以来、興味を持って文献をちょっと読んだりしたのだ。モトエ

今日は、CSには飽きて、YOUTUBEを探して「夏子の酒」。
こちらは和久井映見の可愛い事。
95年のドラマだったんだ。当時、日本酒好きの親父の間でも密かな、いや大の人気だった。
日本酒ブームの一翼を担った。
私も「亀の尾」の酒が好きだから、
感動してしまった。
おまけにあの頃のテレビドラマは、今ほどCMが長く無いのが良いなあ。

しかし、可愛い女優はドラマには大切だなあ。
大人しそうで芯のあるしっかりした感じの、それであどけなさそうな可愛い女優が。


今日の弁当
2020/05/04

ここの所、もうひと月にもなろうか。
お昼は外食と言う訳にも行かず、家内が弁当を持たせてくれる。
今朝は、隣の台所でなにやら作っているので、ふと見ると鶏そぼろと炒り卵がある。
なるほど、これは私の弁当かと思っていたところ、なぜか家内の叫ぶ声。
「ご飯があると思ったのに!」
なんでも、御釜にご飯が残っていると思い込んでいたらしいのだ。
そのあと、「じゃ、これはあたしのお昼ということで」。

なにやらごそごそしていたのだが、出かける時にサンドウイッチを渡された。
仕事場に来て開けて見たら、キウリ・サンド。
なかなかイギリス風の弁当であった。
家内の話によると、もっともイギリス風のサンドウイッチと言うのがキウリのサンドなのだそうだ。
へー。

キウリだけのサンドウイッチも、また美味しからずや!

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001