HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

移民
2019/01/13

外国人労働者受け入れのための法整備で国会やマスコミがもめている。
自民党が移民に積極的なのが面白い、イヤそればかりではなく、サヨクがその法律に反対しているのが面白い。
なにしろ移民であろうと難民であろうと外国人を入れる事に積極的なのがサヨクだったのに。
これは互いに反対の方向だと驚いた。
サヨク政党は反対する理由がないので、待遇関連問題を持ち出した感じだな。

外国人を受け入れる事は楽なことではない。
アムステルダムの街を現地の知合いと車で走っていたら、右側の高くて綺麗なアパートメントはアラブ人のため、左側の古くてぼろいアパートメントが自国民用、それも市民から猛反発の理由でもあると。
ドイツでも、知り合いがワーゲンの工場ではアラブ語と独語の二つの説明書きが必至なのだと、彼らアラブ系は市民権を取っても独語を話さず宗教も変わらない、もううんざりだと、自分で右翼ではないという普通の市民が言っていた。

例を挙げないけれど、日本だって既に住み着いた外国系日本人に悩んでいる地域は多い。
たいがい親切が仇になったケースが多い。
今後、今までなかった隣人間の問題をもっと大きくするのかね。

日本の国では、働き過ぎだとか、働くな働くなと厚労省が音頭を取って大騒ぎ。
一方では働き手が無いから移民だと。
白人の国なら良く分かる、元々、奴隷やら植民地の人間を働かせて、その上に胡坐をかいて豊かな甘い生活を送っていた人たちだから。
だが、今となってはそのツケが回り、有色人種の人口が増え白人の国危うし。
だが、日本人は自分で働いて幸せを築いてきた国民だが、それを否定されて、どう生きるのか?









松飾り
2019/01/11

正月も終わったが、家の近所で松飾りを飾った家は少なかった。
玄関飾りも見ない。
寂しい事である。

しかし、オジサン、飾らないとはけしからんと怒っても仕方がない。
飾らない理由を近所のある奥さんに訊いた、そうしたら「捨てる所がない」のだと。
「正月明けにゴミとして捨てるのだが、神様の物をゴミと一緒に捨てたくない、だから、初めから飾らないのだ」と。

なるほど、日本がいくら共産国家だとしても、神様とゴミが一緒とは国家もひどいことをするものだ。
都会はドンド焼きをするわけにも行かないのだから、せめて、一日だけ「松飾り等」だけを集めに来てくれたら良いなあ。
焼却炉がドンド焼き、で一日お祭りとか。
だめか...

テレビの時代劇
2019/01/10

ほぼ一年、長い事仕事を休んで家でテレビを見て過ごした。
といってもCSや取り溜めたDVDの時代劇である。
観て思ったのだが、俳優は星の数ほどいるのだが、時代劇のスターらしいスターという人は、意外な程、数が少なかったという事である。

近年の時代劇においては、まず着物姿が似合っていない。
若手は、総じて着物を着せられない。
時代劇をやるなら覚悟を決めてからと言いたいところである。

それで、この人は良かったなあと思い出していると、比較的に新しい方から遡ると藤田まこと。
剣客商売での演技が抜群、もっともこの作品では音楽が良くてオープニングから画面に引き込まれてしまうので、実に気持ち良く見ることが出来る。しかも、池上正太郎の話が面白いし、景色が素敵。
顔の表情も、溌溂としていながら初老の男の顔の影も上手く出しており見事、山口馬木也の剣士の風情の良し、寺島しのぶの武家の女の淑やかさとかつ腰の据わった剣士という絶妙な雰囲気を醸し出して、梶芽衣子の色気が素敵、これほどの役者がそろった時代劇ドラマはもう出来ないだろう。
鬼平犯科帳の中村吉右衛門もいいなあ。この方は親子2代の出演で、昔はお父さんの方が良いなあと思っていたが、回を重ねる事に、息子の方が好きになった。時代劇とは言え、やはり現代の社会性が反映するもので、そういう意味において新しい作品の方がしっくりくるのは致し方ない。
それにしても、もう一つ、密偵達が池波正太郎の劇に決まりの梶芽衣子、三浦浩一、江戸家猫八などいい感じである。
音楽のジプシー・キングス『インスピレイション』も上手く使ったものである。
とにかく池波正太郎の作品はテレビを見ていてもお芝居を見ているような感じである。辛さ・みじめさをくどくどと説明しない。サラッとやってハイライトにさっと移る所なんか観客の気持ちを分かっていいてくれる。
その点藤沢周平の方はちょっと人生の辛さの説明をし過ぎる、それは戦後までの時代の辛さを解っていない観客に、必要だからなのであろうか、生より死の方楽だと思った事のない世代には無理からぬ事か。
まあ、藤沢はモロ現代劇である。
暴れん坊将軍、の松平健も良い。何しろハンサムである。
加藤 剛の大岡越前も良い感じ、実直でちょっと知的な大岡の役は時代劇にぴったりである。
それからちょっと古くなるが、三船敏郎が良い。世界の三船と言わるのも頷ける風情である。
この方はセリフが無くても、いるだけで時代劇そのものの雰囲気が出て、身体から哀愁が漂う二枚目である、それでいながら、くすっと笑いたくなる可笑しさも持っていて、その辺りが可愛らしさなのだが、大衆性を持った見事というか、生まれつきの才能ある役者といった所か。
昔から三船は大好きだったが、改めて古い映画も見ると、また好きになってしまった。
もちろん勝新太郎も良い、いやいや、きめ細かくて凄さがある。お前さん江戸時代の産まれかい?
古い所は大川橋蔵はじめ、萬屋金之助、東千代ノ介なんか大好きだね。
昔の時代劇,昭和の良い時代の俳優はみんな良い。
女優も良い、着物がしっくり似合って色気が漂うんだもの。

最近の俳優は体つきが変わったのか、外人が着物を着たような感じでいけない、足元がね、いけねえやね。
有名スターも最近の方は体形が良くなったせいだね、足が長すぎては もういけない。
NHKはオカシな放送局で、視聴率をなぜ気にするのか、その時その時の人気役者を使う。だが、後から見ると、大体が時代劇に合わなくて、画面のぶち壊し、オジサン怒って画面を壊してしまう所である。

いや、日本は時代劇の専門の役者を育てないといけないな、しかし、女優など整形していない女は居ないらしいが、時代劇の良い顔の女がいるのかね。
言葉遣いもね、あれはいけない、これはいけないと文句を付ける集団もあるらしいな。
もう、だめだな、終わったな。

下高井戸のコーヒー屋さん
2019/01/08

下高井戸のコーヒー屋さん「COFFEE アンド ROAST TWO THREE(2-3)」。
夕方、寄ってみる事にした。

車で甲州街道を下り、下高井戸駅入り口という小さな信号の手前のコインパーキングに駐車。新宿から近いなあ。
京王線下高井戸駅周辺は商店街があって、それが結構面白い。
地元に商店街があるところって、人通りもあり、活気があって良いよね。

そんな商店街の中に目指すコーヒー屋さんはある。
道路から全面ガラス張りの入り口からこんばんは。
手前に席、奥にカウンターがあって素敵な事。
店内にはコーヒー豆をローストするマシンもある。
おカミさんの猫漫画にはそのメーカーの名前がPaul Smithと読めるとあるからなるほど不思議である。

さて美味しいコーヒーを頂く、実は、もう一つの狙いは猫漫画を譲って頂く事。
今回はこっちが8割かな?
漫画は2冊あった。
内容は可愛い猫が主人公で読んでいてクスッと笑いが出る、納得と感心が互い違いに出る、中々の傑作である。
2冊ゲット!
訊けば、漫画をやった事が無いというから驚き。

そうそう、コーヒー屋さん、音量は小さいがジャズがBGMで、私などには居心地が良い。
ありがたい!

COFFEE & ROASTER two-three
http://two-three.jugem.jp/
(写真は漫画 2冊)

明けましておめでとうございます。
2019/01/04

明けまして
  おめでとうございます。

昨年中はお世話にまりました、本年もよろしくお願いいたします。


年末年始の営業案内
2018/12/28

年末年始の営業について
31日と三が日は休ませていただきます。
よろしくお願いいたします。


  
  12月30日 通常営業
  
  12月31日から1月03日まで 休み

  01月04日 通常営業



  

レーダー照射
2018/12/21

韓国海軍が自衛隊機に向かって長時間レーダー照射を行った。

これはもう、彼らにとって日本は敵国であるという意思表示でもある。
大変な行為でもある。

同盟関係は終わりかな?

コーヒー屋さんの漫画
2018/12/17

ひょんなことから来店されたコーヒー屋のご主人。
下高井戸の駅ちかくの、コーヒーとローストのお店。

こんなのも、と自作のマメ本漫画を頂いた。
見れば、何とジャズ漫画である。
びっくりしたなあ、もう。

内容は、主人公が猫である。
それがジャズを聴いている。
ちょっとレコードにも詳しくて、猫ブラウニーも猫マイルスも猫コルトレーンのレコードも登場する。
猫のマクリーンももちろん登場するんだな。

じゃずマニアの猫君には好きな猫娘もいる。
ほのかに恋心を抱いている。


オジサン、短編の豆本なのに好きになってしまった。
と言いながら、私はまだお店に伺っていない。
近日中に行くつもりである。

場所は、って威張って言える訳もないが、一応書いておく。


 店名 COFFEEアンドROAST TWO THREE(2-3)

 京王線 下高井戸 北口 徒歩1分
 TEL 03−3327−9923


 



赤ちゃんのソックス
2018/12/16

来店のお客様が「あまりに可愛いので、思わずこんなの買っちゃった!」
、とカバンの中から取り出したもの。
はらぺこあおむし の赤ちゃんの靴下。

親戚に赤ちゃんいるの?
と訊くと、いいえ。

ただ、可愛かったからだと。
おまけに、当店に置いて行かれた。

店先に飾った所、やってきたヤマト運輸のお兄さんがカウンターの前まで来てニコニコと「可愛いですね!」だって。
大ウケであった。

みんな赤ちゃんに弱いのね。
あはは....

レコードの漫画
2018/12/15

レコードの漫画と言えば、ラズウェル細木の漫画が大人気である。
何しろ廃盤に詳しいのだから何をかいわんや。

しかし、もうひとつ廃盤関連の面白い漫画あって、レコスケ君が好きだ。
ちょっとお人よしの主人公が一生懸命にレコードを集めている姿が良い。

考えてみたら、廃盤関係の漫画を描いたとして一体何人の読者がいるのだろう?
狭いマーケットにもかかわらず、漫画を作って下さり、有難いことである。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001